肌の弾力が戻ってきてゴーグルの跡がすぐ消えるようになりました

肌再生医療 体験談

お客様に聞く - 宇野祥子様(50歳)

宇野祥子様(50歳)

「プールで泳いだ後の『ゴーグルのあと』がすぐ消えるようになりました。肌の弾力が戻ってきたみたいです!」

※ この写真を撮影するにあたり、特殊な照明は使っていません。
また事後の写真処理・修正も行っていません。
クリニックの一室でただカメラのシャッターを押して撮影しています。

(宇野翔子様について)
宇野翔子様(仮名)は今年で50歳、香川生まれ広島育ち、現在は医療機器販売の会社にお勤めです。ご家族は年下のご主人と小学生の娘さんお一人。趣味は水泳、週2回、プールに通って2キロ泳いでおり、またフルマラソン経験もあるというアクティブな女性です。

1年半前、48歳で肌再生を開始

uno2

宇野様はジェイヨシダクリニックでどんな肌再生医療を受けているのでしょうか。

肌再生医療は、1年半前に始めました。これまでに次のようなことをやっています。

  1. 最初に「耳の後ろの細胞」を少し取って、それを培養してもらって保存。
  2. 1カ月後にその細胞を、目の下やマリオネットラインからフェイスラインにかけて注入(※1)
  3. その4カ月後に上まぶたに注入(※2)
  4. 細胞を活性化するためのLED照射(※3)

このほか吉田先生から推薦のあったサプリメントも定期的に摂っています。(※4)

※1: 1カ月の間に3回かけて2CC(500円玉8枚程度の面積)を注入。
※2: 分量1CC。500円玉 4枚分の面積。
※3: 肌を傷つけない穏やかなLED光が細胞のコラーゲン合成を促進します。要通院。
※4: 市販サプリではなく、医療機関専用のサプリです。良い原材料を使い、ビタミン類や抗酸化物質、抗糖化物質等が高濃度にバランス良く配合されています。

2つの実感効果

再生医療の効果はいかがですか。

わたし水泳が好きで毎週4キロぐらい泳いでいるんですけど、治療を始めてから目のまわりのゴーグルのあとが残りにくくなりました。以前は、夕方5時まで泳ぐと、それから夜の9時ぐらいまでゴーグルあとが残っていましたが、今は若いときと同じように、すぐ元に戻ります。肌に弾力が帰ってきた気がします。

あと最近デパートの一階の化粧品売り場で肌診断を受けたんですけど、その結果が水分量とハリが標準値をメーターオーバーで超えていて、売り場の人にあきれられました。これは気分が良かったです。

ふだんはノーメイク

ふだん化粧はどうしていますか。

仕事のときは、通勤電車ではノーメイク、会社では始業前に少し塗るというかんじです。

その他の日常生活では、人前に出るときは、失礼にならない程度に塗りますけど、それ以外はノーメイクです(※)

ノーメイクの方が気持ちいいですし、それに年取ってファンデを塗りすぎると、粉がよれて吹いてきて、かえってしわが強調されるような気がしますし…

夏場は、日焼け止めを塗りまくります。もしかしたら見た目が悪くなっているのかもしれませんが、日焼けするよりいいです。

最近の化粧品代は月3000円です。30代で化粧に熱中していたときが月20000円、肌再生医療を受ける前、48歳のころが月15000円だったので、かなり安くなりました。

※ 今日は取材なので、ファンデーションを薄く塗って、口紅も一応つけました。

若い頃は日焼けしまくり

uno3宇野さんは若い頃から肌には気を遣っていたのですか。

いえ全然。むしろ肌に良くないことばかりしていました。

私の世代って、「日焼けした方が健康美人!」という価値観だったので、日焼け止めなんて塗らなくて、むしろサンオイルで日焼け促進!という世界でした。いま考えると恐ろしい話です。

その上、私はメラニン色素ができやすい、日焼けしやすい肌質だったので、毎年夏は黒くなるし、そばかすは出るしで肌荒れしまくりでしたけど、でもその頃はまだ若くて、そばかすもすぐ無くなっていたので特に気にしませんでしたが、35歳頃から異変を感じ始めました。

ある日、鏡を見て…

どんな異変を感じたのですか。

ある日、鏡を見て、「あれ、これが私??? 何だかきたない…」と思ってしまったんです。

それ以前から母には「アンタ肌が汚い」と指摘されていて、でも親に言われても素直に聞く気になれず、「そんなことないわよ!」とハネつけていました。だけど自分で気づいたことからは逃げられませんでした。

それからは、あせってパナソニックの美顔器使ってみたり、日焼け止めを欠かさないようにしたり努力しました。「取りもどしたい…」という思いが強かったです。結局、そばかすはオーロラ光治療で消しました。これはこれでキレイさっぱり消えたので良かったです。

でも、そうやって対策はしたのですが、45歳にもなると「二段階目の衰え」を感じるようになりました。

まるで荒れた畑のような肌に…

どんな衰えを感じたのですか。

以前は、そばかすのような「表面的なダメージ」でしたが、その時は「何だか根本的に衰えてきた」という気がしたのです。お肌を畑にたとえると、土が痩せて荒れ果てて、何も実らないような貧しいイメージがありました。

私、昔はとにかく年より若く見られてたんです。これは親に感謝なんですけど、20代の頃はクレジットカード使おうとしてもお店の人に「これ、お母様のカードですよね」と疑われたり、居酒屋に入ろうとしても一人だけ未成年と間違えられたり、30代のときも、美容院ではいつも実際の年より若く思われてたし、それって内心うれしいことだったので、その私がどうしてこんな、みすぼらしくなっちゃったわけ???と、ちょっとショックでした。

ヒアルロン酸もやってみたけど…

ショックを受けて、その後どうしましたか。

そのときは切羽詰まった気持ちだったので、ヒアルロン酸やボトックスを打ちました。ヒアルロン酸は、頬がこけてきて貧乏くさかったのを、何とかふっくらしたいと思って。耳の下のボトックス注入はシワを止めたいと思って打ちました。

でもどちらも打った直後は効くんですけど、結局、一時しのぎなんですよね。あと、やっぱり見た目が不自然。

通勤電車でまわりの女性を見たとき、ボトックスとか打ってる人って何となく不自然で、この人やってるなって分かるんですよね。でも、それって私もまわりからそう思われているわけで……逆に落ち込みました。

海外のセレブでも、ニコールキッドマンとかボトックス打ちまくりの人っていますよね。ネットには、そういうセレブのビフォーアフターの写真が載っていますが、でも、どれも何だかヘンというか劣化というか…

やっぱり不自然は良くないです。街で見かける女性でも、体型や歩き方はおばさんなのに、顔だけパンパンという人がいますが、ああなってはイカンと思いました。

何とかこの状況を抜け出したい、そう思っていろいろ試しているときに、偶然ネットで肌再生医療のことを知ったのです。

英語の文献も調査しました

uno4第一印象はいかがでしたか。

うん、これは私が求めているものにだいぶ近いなと好印象でした。私の望みは、肌を無理に引っ張って力づくでしわを伸ばすとか、そういう強制的な改善ではなくて、お肌という畑の、今のボサボサの荒れ地を何とかしたいというか、土壌改良して豊かにしたいというか、そういうことが希望だったので、それには肌再生医療はすごく役立ちそうに思えました。

副作用については、自分の細胞を注入するのだから肌が拒否反応を起こすことはないだろうと思いました。むしろ心配したのは、いくら自分の細胞といっても注入した瞬間、弱るか死ぬかするんじゃないかということでしたが、それも調査したところ大丈夫そうでした。

わたし実は衝動買いはほとんどしない方で、買う前に徹底的に調べまくる方のタイプです。今回は英語の文献にも当たって臨床試験データをチェックしましたが、特に問題はありませんでした。

ネットや文献での調査を終えた後は、いくつかクリニックに行って実際の説明がしっかりしているところを選ぼうと思いました。わたしは仕事上、医療関係者と話す機会があるので、難しい理論までは分かりませんが、少なくとも医療関係者の言い回しの「裏の裏」みたいなことは大体、見当がつくんです。

そういう観点で各クリニックの説明を聞いてみると、吉田先生の説明がいちばんインフォームドコンセントがしっかりしていたんですね。ここなら大丈夫だと思ったので、カウンセリングの説明を聞いた当日に申し込みました。

費用のことをどう考えたか

再生医療の費用についてはどう思いましたか。

カウンセリングに行く前にホームページで費用を見て、最初は「高っ」と思い、数日間悩みましたが、「いや、これしかない、やるしかない」と腹をくくりました。

それまでヒアルロン酸でもボトックスでも実際にやる前はダンナに「こういうのやるから」と必ず説明することにしていました。ダンナは鷹揚な人なので、いつも「いいんじゃないの~」という反応でしたが、今回は「もう少しで普通の軽自動車が一台、買えるぐらいの値段」だったので、さすがのダンナも「高いね~」と言ってきましたが「わたしがいつまでも若い方がいいでしょ!」と言って押し切りました(笑)

というわけで1年半前に肌再生医療を始めたわけです。今はお肌はすごく快調です。デパートの化粧品売り場でも若く見られて大満足です。やって本当によかったです。

将来、60歳になったら

uno510年後にはどんな60歳になっていたいですか。

そっか、いま50歳なんだからあと10年経ったら私も60歳なんですね。でも私、中学生のときからアタマの中がぜんぜん成長してないんですよね。このまま60歳になったらどうなるんでしょうね。

でもやっぱり「自然」でいたいかな。なにかにしがみついた不自然なおばさんにはなりたくないです。年を取ってるけどお肌はキレイな人!とかなれたら最高ですね。

先輩ユーザーからのアドバイス

最後に、いま肌再生医療を検討している女性に向けて「先輩ユーザーからのアドバイス」などあればお願いします。

考え方は人それぞれですが、私としては迷ってるのなら絶対やった方がいいと思います。金額はちょっと張りこむのは事実ですが、高い化粧品とか美顔術とか、あと私が一時期やったヒアルロン酸とかボトックスとかに振り回され続けるより、こっちの根本的な医療の方がいいと思うんです。

いろいろ不安な点は、ホームページを読み込んで分からないことをはっきりさせて、それからカウンセリングの場で吉田先生に質問したらいいんじゃないかなと思います。


※ 取材日時 2015年12月
※ 取材制作:カスタマワイズ

肌の再生医療 J.YOSHIDA CLINIC HOMEに戻る